債務整理ガイド

自己破産とは?

自己破産を選択するのは、債務者が持つ全部の財産を手放すかわりに全ての借金を免れる制度を言います。

 

現在もっている家や土地も含めて、20万円以上の一切の財産を放り出すことになります。

 

自己破産した場合の債務整理は債務者自身が手続きをするのは困難なので、弁護士や司法書士に任せるこをおすすめします。

 

自己破産の手続きは、地元の裁判所に訪れて申請します。

 

裁判所では、返済困難の正当性など破産することが適当かどうか話し合い破産宣告へと進みます。

 

破産宣告を受けた後、破産宣告を受けた人は、債務免責の申し立てをします。

 

これを受けて裁判所は免責の審理をし、最終的に免責決定を迎えます。

 

社会的な信用を失ったりして、あまりよい印象のない自己破産ですが、人生を新しく始めるためにある制度が自己破産なのです。

 

掲載されるのは官報だけですが、周囲の人すべてに知られることはありませんし、役所で取り扱われる住民票や戸籍には載りません。

 

自己破産後に得る収入は自分のものとなり、財産を新しく手にしていくことが叶います。

 

そうは言っても、買い物やギャンブルで作った借金については、自己破産を拒否されてしまいます。

 

自己破産での債務整理のケースでは、免責が決定するまでの間は複数の制限が与えられます。

 

・転居や長期旅行をする際は、裁判所に許可されなければできません。

 

・弁護士や公認会計士といった資格に対する制限により業務に就けません。

 

・警備員や生命保険外交員などの職業に就くことが不可能となります。

 

・会社取締役、代理人だけでなく、監査の業務も制限されます。

 

自己破産の手続きには、大体6ヶ月ほどの時間がかかります。

 

たとえ、どんな理由があろうと自己破産によって債務整理するなら、弁護士をはじめとする法律家への依頼料は支払う必要があります。

 


自己破産とは?関連ページ

任意整理について
特定調停について