おまとめローンとは?

おまとめローンとは

img

 

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

 

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

 

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

 

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

 

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

 

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

 

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

 

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

 

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

 

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

 

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

 

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

 

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

 

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

 

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

 

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

ジャパンネット銀行カードローンやアイフルなどははおまとめできるのだろうか

img


通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

借り換えを検討している人はジャパンネット銀行カードローンもおすすめされています。おまとめローンは簡単に言うと、金利の高いカードローンから金利が低いローンへ乗り換えるということです。

おまとめできるかどうかということですが、ジャパンネット銀行カードローンには「おまとめローン」という名前の商品はないようでした。

以前はあったようなのですが・・。

ただ低金利で融資限度額も高いジャパンネット銀行カードローンで借りて、他社か借入を返済してジャパンネット銀行のみにしている人もいるようですので、おまとめとは違うかもしれませんが、借り換えとして利用することは可能なのかな?と感じました。

参考:ジャパンネット銀行カードローンはおまとめできる?【借り換え】

又、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

数社から借り入れているローンを1本化できるアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用するとローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

通常のカードローン審査と同じようにアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも審査がありますが、希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンというサービス名でアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

img


銀行系消費者金融のアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

一般のカードローンと同様にアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

どちらの金融業者のアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用するにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。