債務整理のメリットとデメリットとは?

債務整理とは?分かりやすく

債務者(お金の融通を受ける側)のお金の融資をする側の債権者に返済している借金を整理することを債務整理と言います。

 

借金返済が遅れてしまうと、利息は発生して借金がどんどん高額になります。

 

また、借金返済のために新たに借り入れをするという堂々巡りにもなります。

 

返済の催促を繰り返し受けることにより、勤務先や家族にまで迷惑が掛かることもあります。

 

解決の方法を見出すことができず、自ら命を絶ったり、行方をくらます人もいます。

 

債務整理というのは、どん底まで堕ちた状態からやり直すために行われるのです。

 

債務整理の基本的な目的は、借金の金額を減らして簡単に返済できるようにすることです。

 

実際には、課せられている利息や返済方法関連の中身を改める必要があります。

 

利息については、利息制限法で定められた計算を行い、利息の金額を減少させます。

 

そして利息の過払い分が見られれば、元金返済に回す手段もあるのです。

 

これ以外にも債権者を相手に法律や制度を基にして様々な交渉を進めます。

 

債務整理を済ませると、利息の負担が軽くなったり、元金が減免されたりします。

 

また、返済期間が延長され、1回の返済金額が少なくなり、借金の完済に近づくことができます。

 

債務整理の良い面は、手続きの開始と同じタイミングで債権者からの取立てをやめさせられることです。

 

電話や訪問での取立てに困窮を極めていた毎日から脱却し、生活を改めることができます。

 

債務整理を紐解くと、個人再生、任意整理、特定調停、自己破産の4つに分けられているのです。

 

借り入れの全額や種類、返済能力を備えているかどうかなどを確かめて、ベストな整理手続きをします。

 

なお、債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報として備えられることになります。

 

そのため、債務整理後の約5〜7年間は、本人名義でのローンが組めません。

 

 


借金は一人で悩まないで誰かに相談して下さい

電車内、駅構内、インターネット上などには、債務整理の広告が掲載されています。

 

ですが、借金やローンの返済トラブルを抱えていても、自分だけで苦しんでいる人は少なくないと言われています。

 

個人の秘密を暴露するような真似は避けたいという人の他にも、激しく叱られることを避けたいという人もいます。

 

また、弁護士と聞くと高額報酬に思われる傾向があり、費用が気掛かりになる人もいます。

 

とはいえ、相談を持ちかけずにいると、借金を増長させることになりますし、返済の催促がやむこともありません。

 

債務整理を考えるならば、なるべく急いで弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

 

専門家に頼ると、書類作成や必要手続きの他にも債権者相手の交渉までしてもらえるのです。

 

また、債務整理の受任通知によって、債権者の催促に悩まされる日々から脱け出すことができます。

 

家庭に飽き足らず勤務先にまで催促の連絡がくる状況から脱却できます。

 

債務整理の相談の中身は、電話やメールなど決められた方法で置かれている状態を話すところがスタート地点です。

 

その後は、資料の収集を行い、面談の形で相談に乗ってもらいます。

 

支度する資料は、借用書に限らず、返済をしたときの領収書や口座自動振替を証明できる通帳などです。

 

借り入れ先をリスト化したものや催促通知などもできれば取得しておきましょう。

 

かなり追い込まれていたとしても、一呼吸おいてからひとつひとつ相談材料の用意を進めましょう。

 

敷居の高いイメージがある費用ですが、相談料を初回のみ請求しない場合もあるようです。

 

依頼料に関して、解決できてからの分割払いに定めているところもあります。

 

経過報告や費用などの踏み込んだ話は、依頼の契約を終える前に知っておくべきでしょう。

 

返済トラブルの相談窓口は、各地の司法書士団体や自治体などにも存在します。

 

専門家に話を聞き入れてもらうと、気持ちが鎮まります。

 

そのため、深く考えずに相談をするのが良いでしょう。

 

 

債務整理するメリットとデメリット

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、債務整理を勘案する時、まず決めなければならないのは引き受けてもらう弁護士ないし司法書士をどこの事務所にするかではないでしょうか。

通常、弁護士事務所では初回の相談を無料で受けてくれます。

この無料相談を通して、その担当者は信用のおける相手か明らかにできるでしょう。

あわせて、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも無料の相談対応が受けられます。

現職の公務員が債務整理の手続きをすると、仕事先に確実に連絡がいくと信じている人は少なくないのですが、実際にはそのようなことはありえません。

自己破産は別として、その他の債務整理では当事者が黙っているうちは勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。

しかし公務員ならではの共済組合などでも融資を受けている場合は、そこから上に知られることはあります。

債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないのですが、そのやり方は極めて面倒です。

かつ、任意整理の場合は債権者との直接的な交渉も入ってくるので、こちらが不慣れであることがわかれば交渉が難しくなることも考えられるでしょう。

出費を伴いますが、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が手続きをさくさく進めたいのなら最もいい方法です。

コストに関しては法テラスで相談に乗ってもらえます。

再出発は何歳からでも可能です。

債務整理をする際に何歳であるかは関係ありません。

債務整理の代償はクレジットカードが使えなくなることとローンが組めなくなることだけで、贅沢さは求められないでしょうが、その他については当たり前に日々を過ごすことができるでしょう。

たとえ高齢だとしても5年で何もかも元に戻すことができるので、もし借金に苦しんでいるのであればひとまず債務整理を次の段階への一歩にすることを勧めます。

弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、手始めに着手金、最終的な結果が出たあとに払う成功報酬が続き、交通費や印紙代などの実費が挙げられます。

任意整理を行った際は減額に成功した額を基準に報酬が決まり、個人再生を行う際には成功報酬は先に定められています。

最後に自己破産についてですが、免責許可を裁判所からもらえたら成功報酬を払います。

金額設定は弁護士により異なります。

借金を全部なくすのが自己破産の制度となるのです。

借金に苦しむ方には有難いものですよね。

ただし、メリットだけではございません。

無論、デメリットもあります。

家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。

また、約十年間はブラックリストのほうに登録される為、新たな借金などは出来なくなるのです。

個人再生をしようとしても、不認可となるパターンが実在するのです。

個人再生をするには、返済計画案の提出をすることになりますが、裁判所でこれが認められないと認めてもえらないのです。

当たり前ですが、認めてもらえなければ、個人再生は不可能です。

任意整理は、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。

この最中に金銭的余裕が生まれたら、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をするといった対応が取れるでしょう。

この場合、任意整理を依頼した弁護士などがいれば、自分で行動するより、この弁護士などを通した方がスムーズに話が進みます。

債務整理するとマイカーローンを組めなくなるんじゃないかと不安を感じる人も少なくありませんが、現実にはそんな事はありません。

一定の期間、組めない時期はあるものの、その期間が経過するときちんとローンを組めるはずですから、ご安心ください。

せっかく債務整理を依頼しても、担当弁護士に対する不信感が拭えず、作業依頼をやめたいと思ったときは、解任という手続きを踏まなければいけません。

面倒だからと省略してよその弁護士事務所などに別途依頼すると、受任通知の二重送付にもなり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、あらためて新しいところと委託契約を結んでください。

債務整理が不安な方にはおまとめローンもあります。

おまとめローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

毎月の返済額を少なくしたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンをやっている金融機関の多くはホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますがショッピング枠であれば利用することはできません。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

参考:おまとめローン審査は甘い?口コミまとめ【審査通りやすいのは?】

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

関連リンク

債務整理ガイド
債務整理について知っておきたいことをご案内します
債務整理を終えてからのこと
債務整理について知っておきたいことをご案内します
信頼できる法律家に頼もう
債務整理について知っておきたいことをご案内します
債務整理で覚えておきたいこと
債務整理について知っておきたいことをご案内します
自己破産とは?
債務整理について知っておきたいことをご案内します
特定調停について
債務整理について知っておきたいことをご案内します
個人再生とは?
債務整理について知っておきたいことをご案内します
任意整理について
債務整理について知っておきたいことをご案内します
債務整理は家族の理解も必要です
債務整理について知っておきたいことをご案内します
債務整理ガイド|サイトマップ
債務整理について知っておきたいことをご案内します